平成27年度優勝選手写真展

平成28年度優勝選手写真展

ジェイ・クエスト サンケイスポーツ杯 GII レジェンドカップ

浦田 信輔選手

ジェイ・クエスト サンケイスポーツ杯 GII レジェンドカップ 浦田 信輔選手
<優勝選手コメント>
7枠という場所と展開に恵まれ、
これでやられたら仕方ないと、思い切って開けていきました。
まだレジェンドカップ優勝の実感は湧きませんが、これで僕も立派なレジェンドです!
ファンの皆さま、試走出なくてスミマセン!
これからはもっともっと試走を出していきますので、よろしくお願いします!

群馬中央バス杯

新井 裕貴選手

群馬中央バス杯 新井 裕貴選手
<優勝選手コメント>
(完全優勝なんて)信じられないくらい出来すぎでした。
スタートは行くしかないと思っていました。
最終コーナーまで諦めず頑張った、翼(赤堀選手)が来ると思った。
次も一生懸命頑張るので応援よろしくお願いします!

グンツチ杯

鈴木 聡太選手

グンツチ杯 鈴木 聡太選手
<優勝選手コメント>
優勝できて素直に嬉しいです!
エンジンは田村治郎君に教わって調整しまして、ハネはありましたが、優勝できたし良しというところでしょうか。
試走3.31と昨日並みに出たので何とかなるかなといった感じでした。
最終コーナーは塚越さんのところをギリギリでしたが、あそこで勝負をかける他なかったです。
オートレースファンの皆様!やっと優勝することができました!
これからも頑張りますのでよろしくお願いします!

ジャパンビバレッジ杯GI開場40周年記念シルクカップ

早川 清太郎選手

ジャパンビバレッジ杯GI開場40周年記念シルクカップ 早川 清太郎選手
<優勝選手コメント>
「スタートがうまくいったので、序盤は後ろの音も気になりましたが気にするのは止めて思い切り走る事にしました。
寒い中集まって下さった多くのファンの方々、また石狩で応援して下さったお客様方、本当に応援ありがとうございました!」

第12回大手文蔵杯

早川 清太郎選手

第12回大手文蔵杯 早川 清太郎選手
<優勝選手コメント>
地元最後の開催の優勝を締めくくることができて嬉しいです。
エンジンは前節山陽GIから良かったのですが、今節も良いフィーリングをキープできていました。
試走は手応えもありましたが出来すぎですね。スタートはうまくいっていたように見えたかもしれまんが、ちょっとしくじった感じもありました。
最後に、オートファンの皆さま、一年間本当に応援ありがとうございました。これから川口で大晦日までSGを盛り上げていきますので、最後まで応援よろしくお願いします!

第25回 日刊スポーツ杯

池田 政和選手

第25回 日刊スポーツ杯 池田 政和選手
<優勝選手コメント>
「試走3.27と手応えはありましたね。スタートは珍しくいい感じに決まり、前半のうちに態勢がうまく作れたのが大きかったです。
最後に、本日はご来場ありがとうございました。
今後も一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします!」

第36回 報知杯

高橋 貢選手

第36回 報知杯 高橋 貢選手
<優勝選手コメント>
素直に嬉しい優勝となりました!
不安定な走路でしたが、前のレースを見て外が効いてなかったものですから、前半から前につけないと無理かなぁと。
スタートは良くなかったですが、いい位置につけられました。
次は浜松GIIですが、グレードでは前回(SG)2着だったため、リベンジをしたいですね。
地元戦も残り少なりましたが、これから大きなレースが続きますので今後も頑張って参りますので応援よろしくお願いします!

チャリロト杯

新井 恵匠選手

チャリロト杯 新井 恵匠選手
<優勝選手コメント>
この優勝は率直に「まさか・・・!」といった気持ちです。
すぐ後ろに青山選手が来ていましたが、気にせず自分の走りを通すことができました。
3.30と試走も良かったし、エンジン・スタートともに申し分なかったです。
今日も応援してくれたみなさんのお蔭で1着を取ることができました!
次は浜松SG日本選手権となりますが、声援に応えるべくすべて1着を目指して頑張りますので、ぜひ車券を買ってください!

第38回デイリースポーツ杯

桜井 晴光選手

第38回デイリースポーツ杯 桜井 晴光選手
<優勝選手コメント>
「優勝できて嬉しいです。
試走もまずまず、エンジンの状態は良かったですし、何よりレース展開は最高に良かったですね。天候も味方してくれた感じです。
3番須賀さんのフライングもチャンスに繋がったかな。
次節も一から一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いいたします。」

第40回群馬テレビ杯

早川 清太郎選手

第40回群馬テレビ杯 早川 清太郎選手
<優勝選手コメント>
「優勝できて素直に嬉しいです!
今開催は前半まったく駄目でしたが、今日の試走31はしっかりとした手ごたえを感じました。
それとスタートもしっかりきれたので、チャンスを逃すまいと必死に走りました。
今回の優勝のおかげで、次のSG全日本選抜(川口)へ向けて良い気持ちで臨めそうです!
それと、今開催直前に北海道の「サテライト石狩」へイベントで行ってきたのですが・・・石狩のオートレースファンの皆さん!見ていただけましたか!?優勝しましたよ!!」

さわやか杯GI第23回ムーンライトチャンピオンカップ

鈴木 圭一郎選手

さわやか杯GI第23回ムーンライトチャンピオンカップ 鈴木 圭一郎選手
<優勝選手コメント>
「突然の雨でしたが、びびらず走ろうと決めて臨みました。
スタートは一か八かで空回りを気にせずに思いきり行き、コース取りは外は気にせず、練習どおりの内側を選んでいきました。
実は朝に栗原勝測さんからタイヤをいただいてまして、高めにしたのが勝因になったかと思います。

オッズパーク杯SG第20回オートレースグランプリ

中村 雅人選手

オッズパーク杯SG第20回オートレースグランプリ 中村 雅人選手
<優勝選手コメント>
「最近は情けないレースも多かったので、今回の優勝は本当に嬉しいです。
弟分の圭一郎にもSGを獲ってほしいという気持ちも半分あったが、やはり負けたくないという気持ちが大きくなり、彼の背中を一生懸命追いかけていました。
何より自分好みの枠番(3番)が獲れたのが大きかったです。

これだけ大勢のお客さんの前で走れて、本当に力をもらえました!
今シリーズ5日間、お付き合いいただき、ありがとうございました!
これからもオートレースが盛り上がるよう頑張りますので、みなさんよろしくお願いします!!」

第38回サマーランド杯

高橋 貢選手

第38回サマーランド杯 高橋 貢選手
<優勝選手コメント>
試走は重く、時計も納得のいくものではなかったが、出たところ勝負と腹をくくっていました。
道中、前に届くかどうかギリギリだったが、結果的にうまくいって良かった!
久しぶりの地元優勝となり、素直に嬉しいです。
また、次は地元SGとなりますが、このステージとなるともう一つ二つと積み上げが必要と感じています。
SGでは本日よりも、さらに大きな花火を自分で見上げたいと思いますので応援よろしくお願いします!

トータリゼータエンジニアリング杯 GII 稲妻賞

早川 清太郎選手

トータリゼータエンジニアリング杯 GII 稲妻賞 早川 清太郎選手
<優勝選手コメント>
多くの声援が力となりました。今節はエンジン状態も良いので、スタートさえ凌げればチャンスはあると思っていました。
スタート直後は隣の篠原選手に先行され、少し焦りもありましたが、エンジン状態を信じ、無心になって走ったのが功を奏しました。
また、1日遅れのバースディウィンとなりましたが、ここ最近ではグレードレース優勝戦に乗れないことも多かったので、今回の結果は素直に嬉しいです。
最後に本日もたくさんのお客様にお集まりいただき、皆様の前で無事勝つことができました。
本当に応援ありがとうございました!

居酒屋まつり・寿家杯

吉原 恭佑選手

居酒屋まつり・寿家杯 吉原 恭佑選手
<優勝選手コメント>
試走ではドドドが出てしまい、タイムが伸びませんでしたが途中からの雨に助けられました!
次節は地元記念レース【GII稲妻賞】が待っていますので、気を引き締めなおしてがんばって参ります!

第41回上毛新聞社杯

早川 清太郎選手

第41回上毛新聞社杯 早川 清太郎選手
<優勝選手コメント>
前節で悔しい思いをしていたので、今回は勝てて本当に嬉しいです!
今日はエンジンの調子は良く手ごたえは感じていました。
スタートも決まり、序盤で青山選手に入られたものの、いつか絶対にチャンスはあると信じ粘った甲斐がありました。
これからも一生懸命頑張って走りますので、応援宜しくお願いいたします。

第6回山口シネマ杯

金子 大輔選手

第6回山口シネマ杯 金子 大輔選手
<優勝選手コメント>
軽くて止まらない感じがあったものの、試走タイムは出ており手ごたえはあった。
レースでは、ハンデ10外側とスタートを決めないと展開厳しい位置だっただけに、イメージ通りのスタートが切れてよかった。
また、後方からは同期の早川選手の殺気も感じており、タイヤのすべりもあったが、どうにかしのぐことができた。
今後も一生懸命仕事をして、オートレースを盛り上げていきますのでよろしくお願いします。

第36回伊勢崎オート出版協会杯

高橋 貢選手

第36回伊勢崎オート出版協会杯 高橋 貢選手
<優勝選手コメント>
雨の影響により試走の段階から滑りが出ていたが、他の競走車も滑りが出ていたようだった。
それだけにスタートの抜け出しが重要だった。レース直後内側を縫うように走った判断が合致しており、スムーズに前へ出ることができたのが良かった。
また、レース途中に大型ビジョンでも確認できたが、同門の吉原・田村選手が後ろについて来ており、嬉しくもあり誇らしかった。
これから、伊勢崎オートではナイターが続いていくが、本場に多くのお客さんに来ていただけるように頑張ってまいります。

オートレース船橋開設記念 伊勢崎バトル

戸塚 尚起選手

オートレース船橋開設記念 伊勢崎バトル 戸塚 尚起選手
<優勝選手コメント>
位置的に恵まれ、逃げもうまく決まった。昨日の準決勝戦で使用したタイヤを使ったのが良かったと思う。
タイヤが低くなっており、本日の使用は悩んだが、エンジンとの相性がバッチリあった。
また、オール伊勢崎ということもあり、元々の所属選手として勝ちたいという気持ちも強くあったので頑張れた。
5場体制となったことにより、さらに頑張ろうという気持が強くなってきている。
これからも選手としてオートレースを盛り上げていきたい。

PAGE TOP