伊勢崎支部選手会の「ふるさと納税」寄付について

 

写真
写真


 社団法人全日本選手会(会長 内田利彦)は、昨年に引き続き「ふるさと納税」制度に今年も賛同し、各選手会支部ごとに選手が協力し各オートレース場のある市に対し寄付を実施しました。


 12月24日(木)全日本オートレース選手会伊勢崎支部の野﨑利明支部長が伊勢崎市役所を訪れ、伊勢崎支部所属の選手30名から募った寄付金85万円を五十嵐市長へ手渡しました。


内田会長コメント
 昨年に引き続き「ふるさと納税」制度を利用することで、各オートレース場が所在する行政に少しでも貢献できればと考えています
 これからもオートレース選手会は、寄付や施設の慰問など社会福祉活動を行うことで、社会に貢献できればと考えています。


野﨑支部長コメント
 オートレース選手会伊勢崎支部は、以前より寄附や施設の慰問など社会福祉活動を行ってきました。昨年に引き続き、支部所属選手に「ふるさと納税」の協力依頼をしたところ、伊勢崎市に少しでも貢献できるようにと賛同を得て、本日の寄付となりました。


このページのトップへ

更新日:2009年12月24日